大豆製品の更年期への効果を活かす摂取量とはどれくらい?

更年期障害の改善に役立つ成分として広く知られているのが大豆イソフラボンです。この成分にはエストロゲンと似た働きが備わっているため、更年期に起こる卵巣機能の低下によるエストロゲンの分泌量の減少を補うことができるのです。

更年期の対策で、大豆イソフラボンは食品でもサプリでも摂取しやすい点が魅力

40代サプリ更年期と大豆

エストロゲンはホルモンバランスを保つ役割だけでなく、肌のハリや潤い、骨の密度、子宮の健康状態、さらには自律神経の調節による精神状態の維持といったさまざまな役割も担っています。

 

そのため更年期障害の根本的な改善に大豆製品が役立ちます。ひとつひとつの症状への対策ではなく、すべての症状を緩和させていける点が大きな魅力です。

 

そんな大豆イソフラボンの重要なポイントとなるのがサプリメントと食事の両方で摂取することができることです。

 

大豆イソフラボンが配合されたサプリメントも多く発売されており、効率よく摂取することも可能ですが、日々の食生活の中で大豆製品を意識して摂取していくことでも対策ができます。

豆乳や納豆1パックで、更年期に効果的な大豆イソフラボンの1日の目安量を摂取できる

大豆には大豆イソフラボンだけでなくたんぱく質をはじめとした体の健康によい成分もたくさん含まれていますから、サプリメントよりも食事を重視した摂取を心がけていくことが求められます。

 

また、更年期障害対策に大豆イソフラボンを活用する際には摂取量にも注意しなければなりません。エストロゲンの減少を補うために摂取するわけですから、その減少量に合う範囲内で摂取していくことが大前提となるからです。

 

過剰摂取に陥るとこれまでエストロゲンの減少によって生じていたホルモンバランスの乱れが今度は過剰によって乱れる恐れがあります。さらには過剰摂取による乳ガンのリスク向上などの副作用も指摘されています。

 

じつは大豆イソフラボンの1日の摂取量は決して多くはなく、大豆製品でも無理なく摂取していくことが可能です。

 

基本的な目安は1日40〜50ミリグラム。これを大豆製品に当てはめると豆乳1パック(200グラム)、納豆1パック(50グラム)、豆腐1丁(220グラム)程度になります。

 

これならサプリメントに頼らずとも毎日摂取できる、という方も多いはずです。またサプリメントと食事の両方で摂ることで過剰摂取に陥ってしまう点も注意したいところです。

40代で使ってみたいサプリ口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ40代におすすめのサプリメント

高麗美人

40代からの美容と健康に100万袋突!韓国美人の秘密「高麗人参」の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

FUWARI(フワリ)

プラセンタもコラーゲンも高濃度配合!40代のスキンケアでは解決しないたるみに
7,020円・税込/定期初回980円(2回目以降3,480円)・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

白井田七(しらいでんしち)

40代女性サプリおすすめ白井田七

楽天ウイークリー1位!40代の滋養強壮と美容に10万袋突破の人気和漢サプリ
6,480円→3,980円税別(定期初回価格)
>>白井田七の公式HPで詳しく見てみる!